雑記

「はじめての生理カップワークショップ」感想。自分のためのイベントに飢えていた私は大満足でした

更新日:

インテグロ株式会社「はじめての生理カップワークショップ」感想のアイキャッチ画。

インテグロ株式会社さんと、ブロガーの梅つま子さんが企画運営する「はじめての生理カップワークショップ」に、生後8ヶ月の娘を連れて参加してきました。

いやあ、行って良かったです。楽しかったよ…。

・生理カップの購入を検討しているけど、高いので買うのを躊躇している(私)
・現状の生理用品(ナプキン)は蒸れるので不満を感じている(私)

こんな人は、生理カップの実物に触れられて、使い方を実際に教えてもらえるので、購入に際しての不安を解消できますし、

なにより、新しいものを見たり触ったりできて、ワクワクしました

自分のためのイベントに飢えていた、私の脳みそが嬉しがっていました。

参加しようと思った理由

生理カップに興味があった

今回参加しようと思ったきっかけは、梅つま子さんのブログを読んでいて、「生理カップ」に興味を持ったからでした。

梅つま子さんは生理カップをご愛用しており、インテグロ株式会社の生理カップアンバサダーとしても活動していらっしゃいます。

生理カップとは、月経カップともいい、医療用シリコンでできた、吊り鐘状のカップの形をした生理用品です。

生理中に膣の中にいれて、経血を受け止めておき、経血が溜まったら取り出して経血を流し、また挿入して繰り返し使う、という使い方をします。

ナプキンは蒸れるのと漏れるので不満だった

私は今、2人目を出産後まだ生理が再開していないのですが、生理がきていたときは、毎回ナプキンを使っており、蒸れてかゆくなっていつも不快な思いをしていました。

また、寝ている時にナプキンから経血が漏れて、翌朝みじめな思いをしながら下着とパジャマとシーツを洗うのが、すっごく嫌だったのですが、生理カップを正しく着けていれば、漏れないというところにも惹かれました。

寝ているあいだに粗相をしないことに全力を傾けていたのですが、その煩わしさがなくなる…?

好きに寝相がうてるってこと…?

と、ときめきました。

(ずっと仰向けで寝ていると腰が痛くなる人間なので、なるべくいつも横向きで寝ているのですが、生理中は仰向けで寝るしかなかったので、朝起きるときに腰が痛くて辛かった…)

自分の体をうまく使う感覚を養いたい

また、つま子さんのブログに、生理カップは自分の体と相談しながら、自分の体と息を合わせながら使うのが気に入っている、ということが書いてあり、そこもいいなと思いました。

なぜそこに惹かれたかというと、私は、体と心(精神)はつながっているというのを信じているからです。(いきなりどうした)

妊娠中に悪阻があったときは、体が辛いと、今まで元気だった精神まで病んでくる(「寝ているしかない自分は世の中の何の役にも立っていない…辛い」みたいな)というのを経験して、

「体と心はつながっている」

「健全な精神は健全な肉体に宿る」

というのは間違っていないと思っています。

そして、「自分の体をもっとうまく使えたら、心ももっと豊かに生きられるんじゃないか」とも思っています。

生理カップを装着するときには、ふーっと脱力したり、取り出すときには、出産のときのようにいきむのがコツとしてあると、今回のワークショップで教わりました。

そういう自分の体をうまく使う感覚、自分の体と息を合わせる感覚を、日常の中で持つことで、
よっしゃうまくいったぞ、という小さな達成感を感じられて、それって豊かなことなんじゃないかと思います。

自分のためのイベントに飢えていた

そして、ワークショップに参加したいと思った最大の理由は、自分のためのイベントに飢えていたからです。(不純)

娘(2人目の子供)を産んでから、行った飲み会、2回。

夫がよく行っている、平日の夜とかにやる社会人向けのイベント・勉強会・ワークショップ、0回

(ゼ、ゼロ回…)

(ゼ、ゼロ回…)

私もイベント行きたい!!!

私はイベントに行くぞ!ジョジョーーーッ!!

今回のワークショップの案内をツイッターで見つけた時、私の内なる自分がこう叫びました。

子育て関連のワークショップだったら何回か行っていたのですが、子育てを離れた、ただただ私のためのイベントには行っていなかったのでね…。

実際につぶやいたのはこんなかんじですが…

このツイートに梅つま子さんがご返信をくださり、
赤ちゃんの娘連れで参加する際の懸念点の、授乳をしてもいいかをご相談し、
OKとのことだったので、参加を申し込みました。

ワークショップの感想

ワークショップの内容は、梅つま子さんによる生理カップ体験談、骨盤底筋トレーニング、グループワーク、生理カップの説明、グループワークで出た質問に答えるなどなど、と1時間半で盛りだくさんだったのですが、この記事では感想を書きたいと思います。

開会の挨拶がハイライト

はじめに、インテグロ株式会社の方(お名前が分からずすみません)が開会挨拶をされていましたが、私の中ではそれが今回のイベントで1番印象深かったです。(早い)

これから生理カップを使う女性とはどんな人かというのを、つま子さんと話していたそうです。

それは自分が生理用品(ナプキンやタンポン)を使って不快だと感じたその状況を自分で変えたり、問題を乗り越えていける力を持った人で、

そんな人が増えたら、社会が良くなることにも繋がるはず、という想いを持っていると仰っていました。

(きちんとメモを取っていないので、多少ニュアンスが違ったら申し訳ないです。)

自分のためのイベントに行きたいという、不純な動機でそこにいた私も、「不快な状況を自分の力で変えていく人」候補として、肯定された気分にうっかりなってしまいました。

しかし、インテグロさんは、女性の、ひいては社会や人類の幸せを目指している、熱い会社なんだなと思いました。

私も、世界が調和したらいいなと思っていて、(いきなりデカイ話)

そのために家族を幸せにしたいと、自分の持ち場で一隅を照らすために日々試行錯誤しているので、目指すところは一緒ですね!と共感しました。

同じ想いを持っている人や会社と出会えて、静かにテンションが上がりました。

実物を触れて、質問できるのがいい

生理カップは2種類×2サイズありました。

エヴァカップ(スモール)
エヴァカップ(ラージ)

スーパージェニー(スモール)
スーパージェニー(ラージ)

(写真を撮るのを忘れるという致命的ミス!)

手にとってみると、エヴァカップもスーパージェニーも、思っていたのよりも厚みがあって、柔らかい印象でした。

1テーブルに6つほど配られていて、たくさん集まるとカラフルでかわいかったです。

「折り方を一緒にやるので、1つお気に入りを選んでください」と言われて、1つ選んだら可愛くなって愛着がわきました。笑

好きな色だし、柔らかくてプニプニしていて、コロンとした形で、かわいいんですよね。

モノを選ぶときって、実物を見たり触ったりして直感でかわいいなぁと感じたのを選ぶと、けっこう長く愛せるので、実物に触れたのは良かったです

また、生理カップは、装着する時に折り曲げて細くしてから膣に入れるのですが、その折り方を直接教えてもらえるのは有難い機会でした。

私はパンチダウンフォールドという折り方が、1番細くなって気に入りました。

やっぱりグループワークが好き

はじめての生理カップワークショップのグループワークで使ったふせんと紙。

グループワークで使ったふせんと紙。

グループワークでは、生理カップに対する疑問や心配なことを同じテーブルの人と出し合いました。

個人的にグループワークが好きです

自分では気づいていなかったことも、一緒にやるひとと出し合うことで、気づけたり発見したりするからです。

けっこう同じことを疑問に思ってるなぁというのが今回の感想でした。

(グループワークも、仕事から離れて育休中だとなかなかやらないので、やっただけで楽しかったというね!)

私のグループは、外出時の消毒について(旅行などで家に帰れない時には煮沸消毒しなくていいのか?)という疑問を聞いたのですが、煮沸消毒は毎日はしなくていいそうです。

生理の期間中はお風呂に入ったときに毎日石けんで洗うようにして、生理が終わったら煮沸消毒して、次の生理が来るまで保管すればいいそうなので、旅行先での取り扱いに神経質にならなくて良いとわかって安心しました。

子連れに有難いフレンドリーな対応と雰囲気

参加者は大人11人に対して子供が13人いて、赤ちゃんから小学校低学年の子供たちがいました。

会場は、勝どきのタワマンの40階のパーティールームでした。

ロビーにコンシェルジュがいて、ソファが並んでいてホテルかと思いました。

なんだこのブルジョワな空間は…と、ソワソワしてしまい、会場についても高級なホテルの一室のような雰囲気が漂っていたのですが、

イベント中は会場子供たちが歩き回ったりしていて、子連れウェルカムのおおらかな雰囲気だったので、娘が多少泣いても気兼ねすることなく参加できました。

また、

  • 壁際に子供が寝転がれるマットを敷いていてくれたり
  • お菓子を用意してくれていたり(子供達めっちゃ食べてた)
  • トイレに行くときは赤ちゃんを抱っこしてくれたり
  • ぐずったり退屈そうな子にはスタッフさんが構ってくれたり、

などなど、子連れには有難い配慮をしていただきました。

赤ちゃん連れの私はソファ席に案内して頂き、娘に授乳しながら説明を聞いたりグループワークをしたりしていました。

(おっぱいが娘にとっておしゃぶりになってしまってる感があり、くわえながらウトウトして、はずすと怒るので、最近授乳時間がめっちゃ長いのです…おかしい…)

途中で、つま子さんが退屈してた娘を抱っこして構ってくださいました。ありがとうございます!(優しいお人柄が垣間見えて、ますますファンになりました)

私はエヴァカップのラージちゃんを買うんだ

イベントの最後には10%オフで購入できるタイムがあったのですが、実は私は買っていません。

なぜかと言うと、子宮内膜症があり、生理が再開したら低用量ピルを使おうかと思っているからです。

低用量ピルを服用すると、月経が起こらなくなるので、生理カップもいらなくなるのです…。

(ね、最初から使うかどうか微妙だなと思っていたのに参加するなんて、動機が不純でしょう?)

しかし、生理が再開するのはいつかわからないから、再開してから病院でピルを出してもらうまでにはタイムラグがあり、その時に使えます。

せっかくワークショップに参加して、使いたい気持ちがワクワクなのに、この機を逃したらもったいないよ、と私の中の小人が囁きます。

確かに、これを逃したら、また蒸れるし漏れないか気にする煩わしい数日間が来るのか、と思うと、、買います。

使わないかもしれないという理性 < 使ってみたいという感情

感情の勝利。

後日インテグロさんから、割引になるクーポンコードを参加者にメールで送ってくださるそうなので、それを待って購入したいと思います。

↑買いました!公式サイトで使える5%オフクーポンを送って頂き、早速注文しました。届くのが楽しみです!

まとめ。このワークショップはこんな人におすすめ

サクッと感想を書こうと思ったのですが、個人的に大切にしている想いと、梅つま子さんやインテグロ株式会社さんの想いの共通点を見つけて1人で興奮してしまい、サクッと書けませんでした。

ただただ私の書きたいことを書いた感想になってしまったので、

このワークショップはこんな人におすすめ、というのをもう一度書いて終わりにします。

  • 生理カップの購入を検討しているけど、高いので買うのを躊躇している
  • 現状の生理用品(ナプキン)は蒸れるので不満を感じている
  • 自分のためのイベントに飢えている子育て中のお母さん

(…結局↑これに当てはまるの私なんですがね…)

次回のワークショップは10月後半~11月を予定されているそうです
日程が決まり次第、インテグロ株式会社さんのツイッターやHPで告知されるそうなので、気になる方はぜひフォローを!

https://twitter.com/integro_jp/status/1166466877305937920

↑リンク先のインテグロ株式会社の公式HPのレポートには、当日の参加者の感想も載っています。

ワークショップの後に人生初のオフ会してきました

ツイッターで交流させてもらっている、はてなブロガーの皆さんと、ワークショップの後に子供たちを連れてオフ会をしました。

新参者の私(しかも、私だけはてなブログじゃなくてワードプレス)に声をかけて頂いて、本当にありがとうございました。

この一日は、ワークショップにオフ会に、ここ2ヶ月くらいで1番楽しかった1日です。

好きなアーティストのライブに行った帰り道、「このキラキラした気持ちを抱きしめてあと1ヶ月は生きられる!」と思うじゃないですか。そんな気持ちを味わいました。

オフ会の様子もレポを書きたいです。

長文・乱文でしたが最後までお付き合いくださり、ありがとうございます。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
日本ブログ村のランキングに参加しています。クリックで応援して下さると励みになります!

アーカイブ

楽天モーションウィジェット



-雑記
-,

Copyright© あおむしぐらし , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.